そもそもココナッツオイルとは?

日本ではまだそこまで馴染みのないココナッツオイルですが、海外セレブの間では以前から大流行しており、非常に人気を集めています。

 

最近では、ココナッツオイルの多様性に注目が集まっているようですが、そもそもココナッツオイルって何?という方も多いと思います。
このページではココナッツオイルの基本的な知識についてご紹介します。
割れたココナッツ

 

ココナッツオイルとはどこから摂れるの?

ココナッツオイルとは、名前通りココナッツ(ヤシの実)の種の中から抽出されます。
ココナッツオイルは、種の中にある「胚乳」と呼ばれる場所からできていますが、この胚乳にはものすごい栄養素が含まれているのです。

 

胚乳を乾燥させて圧搾すると、原油を摂ることが可能です。
この原油を精製して製品化されたものが、一般的にココナッツオイルとして販売されています。

 

 

ココナッツ(ヤシの実)は日本にも産地がある?

ヤシの実の産地は、だいたいフィリピンやタイなどが多くを占めており、日本では沖縄を代表とする南の地方で、ヤシの木を見かけることがあります。
ヤシの木

 

ただし、テレビでよく見かけるような、木からもぎ取りその場でジュースを飲んだりするような食用のヤシの実を、日本では見かけることがほぼありません。
青いココナッツ





ココナッツオイルは食用や工業用としても使える万能オイル

ココナッツオイルは、石鹸や洗剤などの工業原料として使用されることが多いと言われています。
その他にも、乳脂肪分と性質が非常に似ているため、食用のホイップクリームなどに幅広く使用されています。

 

ココナッツオイルは消化に良いので、お子様や高齢者の方の食事に適しているとも言われています。

 

ココナッツオイルには種類がある

ココナッツオイルと一言で言っても、ココヤシやアブラヤシといった種類があります。
この2つのヤシの実から取れるオイルには、「ココナッツオイル」「パームオイル」などという名称がありますが、きちんと区別して表記されている場合と、そうではない場合があります。

 

生産量は、圧倒的にアブラヤシの方が多いのですが、「ヤシ油」という表記がされている場合は区別がつきにくいのが現状です。

 

最近では、工業用や食用以外に、美容用としても使われる事が増えたココナッツオイル。

 

オリーブオイル・アルガンオイル・馬油・スクワランオイルなどに引き続き、今後は日本でもブームが訪れそうですね。
おしゃれな有名人たちが使用していると話題のヘアケア専用オイルとしてモロッカンオイルも人気のオイルです。このモロッカンオイルで傷んだ髪がよみがえると評判です。

 

人気のココナッツオイル配合化粧品   ココナッツオイル人気食品