ケトン体ダイエットとココナッツオイルのタッグ

ケトン体ダイエット」って聞いたことありますか?

 

別名、、「アトキンス式ダイエット」「ケトン式ダイエット」とも呼ばれています。
※「低炭水化物ダイエット」とはちょっと違います。

 

インスリン

私たちは、普段、ブドウ糖をエネルギーとしていますが、このブドウ糖は、米やパン、麺類などの炭水化物が元になっています。

 

この炭水化物を減らすことによって、体内でインスリンが作られなくなり、血液中から糖分が減ります。

 

しかし、糖分が不足すると頭の回転も鈍くなり、日常生活にも支障が出てきますよね。

 

この状態が続くと、体内ではエネルギー源(カロリー)を補うために、体内の脂肪を燃焼・分解し、エネルギーをつくろうとします。

 

この働きをするのが「ケトン体」という物質です。ケトン体は、体の中の脂肪を分解してくれるのです

 

常時糖質を制限した状態でいると、体にたまった脂肪を分解・燃焼させ、エネルギーを作る体質になっていくというわけです。

 

ココナッツダイエット
糖質を制限した状態で、効率良く脂肪を燃焼させるには、ケトン体が必要です。

 

実は、このケトン体は「中鎖脂肪酸」を摂取する事により体内で大量に合成されることがわかっています。

インスリン

そこで、ココナッオイルの出番です!

 

ココナッツオイルには、この中鎖脂肪酸が多く含まれておりますので、ココナッツオイルを摂取することにより、体内でケトン体を効率良く作り出すことができます。

 

 

 




まとめると、ケトン体質にはこんなメリットもあります

ダイエット効果(脂肪を燃焼させるため)

集中力がつく

糖尿病の予防(糖質を抑えた生活が出来る為)

持久力のアップ(脂肪を燃焼させてエネルギーにするため)

α波の脳波が出る

長寿遺伝子を刺激する(サーチュイン遺伝子の活性化)

眠気がなくなるスッキリ感

 

などなど、たくさんのメリットがあります。
ケトン体質になるために、様々な料理にココナッツオイルを使ってみてはいかがですか?
意外にもお味噌汁とココナッツオイルが美味しかったりして、色々な発見がありますよ。

 

 

ケトン体ダイエットのデメリット

ケトン体ダイエットをする際には、必ず注意することがあります。

 

糖尿病などの生活習慣病で通院している方は、かかりつけの医師と相談をしてください。

 

まれに、ケトン式ダイエットを始めると、頭痛、下痢や嘔吐などの副作用が出る場合もありますので、その場合すぐに中止してください。

 

脂肪が分解され、ケトン体が作られると内蔵に負担がかかる場合がありますので、水分を多めに取り代謝をよくしましょう。
体臭や口臭が気になる場合もあります。

 

何かしら、症状が出たら、無理をせずに中止しましょう。

 

その他、ココナッツオイルの副作用についてはこちら